組織強化コンサルティングOrganization development consulting

組織強化の考え方

フォワードが考える組織強化の考え方についてご紹介致します。

「組織文化」に着目する重要性

事業戦略を遂行していくにあたり社員の判断・行動は組織文化によって規定されます。
最も重要なことは、戦略の遂行に最適な組織文化の構築・浸透です。
昨今では、外部・内部環境変化によって戦略・方針の転換を打ち出している企業が多いものの、組織文化変革まで手を付けないために
戦略・方針がスムーズに転換・遂行がうまく進んでない企業が多く見受けられます。

組織文化と各従業員の行動が相互に影響

変革を阻む組織文化の特徴

「行動指針が従業員に理解はされているのに実際の行動に結びつかない」
「ロイヤリティは高いのに成果が上がらない」等の悩みは以前から聞かれていました。

ロイヤリティ(満足度)

  • 社員の会社への忠誠心(満足度)のこと
  • 一般的に、会社が何を用意しているか
    ビジョン・理念・事業内容・制度・上司・人材など)、
    それをどのように社員に伝えているかで変化する

ロイヤリティ(満足度)イメージ

組織文化

  • 組織内の暗黙の当たり前のこと(空気)
  • 「組織のメンバーが日々どのような言動をしているか」
    によって、蓄積されていく

組織文化イメージ

1.目に見えないこと(不可視)

それぞれの印象論の中にあり、”自分たちの文化とは何か”の共通認識が持ちづらい

2.蓄積され染みついたもの(固定観念)

自分たちにとっては当たり前すぎて、組織の中にいると自分たちの文化を認識できていない

3.上位者の影響力が強い(権威影響)

組織における上位者の言動・振る舞いの影響力が強い

組織文化変革のステップと弊社のサービス

フォワードでは、組織文化変革を進めるために必要なステップに沿い、以下のソリューションを提供しています。

①組織文化の可視化・現状把握

  • 組織文化調査 Go Forward Survey
  • 理念・ビジョン・バリュー浸透度調査
  • ES調査
  • 営業組織文化診断

②構築すべき組織文化の方向性策定

  • 組織文化変革コンサルティング
  • 理念・ビジョン・バリュー・行動指針策定・浸透コンサルティング

③構築施策の実行(研修・ワークショップ、制度・プロセス、コミュニケーション)

組織文化調査「Go Forward Survey」とは?

組織文化の数値化を実現し、組織目標の設定から施策の立案までをご支援するサービスです。

①現状の組織文化が数値化される

目に見えない「組織文化」を数値化することで、従業員の行動の背景にある“暗黙知のルール”が明らかになります。
それにより適切に変革の方向性を目標設定することが可能になります。

組織文化と各従業員の行動が相互に影響

②やるべきことの優先順位がわかる

組織コンディションへの社員の評価(重要度と実現度)を整理することで、
組織文化の変革を推し進めるために必要な施策の温泉順位が明確になります。

組織文化と各従業員の行動が相互に影響

このページの先頭へ戻る