社員インタビュー

ラクロスの次は、ビジネスでジャイアントキリングを起こす!

社員インタビュー 勝藤洋平

勝藤洋平 プロフィール

2017年東京大学農学部卒業(新卒入社)
コンサルタント


やるからには何が何でも勝ちたい、そう思ってきた

小さいころからずっとスポーツをやっていました。小学校は野球、中学~高校はバスケット。いろんなことに挑戦してきました。そのせいか、「勝つ」ということにはいつの間にか強い執着心がありました。偶然にも、苗字は「勝」藤です。

高校は進学校だったんですが、チームの中には「皆で楽しく部活をしたい」「スポーツ推薦のある競合校に勝てなくても当然」といった雰囲気があり、それがすごく嫌でした。僕は、やるからには徹底的にやりたいし、結果にもこだわりたい。真の意味で文武両道できたほうが絶対にかっこいい。

そう思って主将になった時、練習メニューをほとんど見直しました。「弱い個の集まったチームが、強豪校に勝つためには何が必要なのか?」ひたすら考え抜き、自分だけじゃなく顧問やOBの力も借りながら、とにかく実行していく。すごく楽しかったですね。チームメートも、「どうせだったら、勉強もスポーツもできるかっこいいチームを目指そうよ」という想いにだんだん共感してくれるようになって。

大学ではラクロスを選びました。大学から始めても日本一を狙えるチャンスがあるスポーツということが大きかったかもしれません。1から始めた競技でしたが、毎日できることが増えていくことがとても楽しかったです。夢中で練習して、その結果1年生の大会で、前評判の高かった強豪校を破り日本一にもなりました。努力すれば東大でもスポーツで勝てる!ジャイアントキリングができる!そう実感した貴重な経験にもなりました。


全治1年の靭帯断裂をきっかけに、やりたいことを考え抜いた結果

でも大きな転機が訪れます。大学2年のときに大きな怪我をしたんです。膝の靭帯断裂で全治1年。目の前が真っ暗になりました。今までは試合にも出れていたのに、怪我で練習すらできない。大きな試合でも観客席にいる自分。自分の存在価値もわからなくなり、このまま部活を続けるか、ずっと悩んでいました。

その時ちょうど大学の学部を選択する時期(東京大学は大学2年時に進路を決定)と重なったので、今後自分は何をしたいのかについて考えていました。大学に入ったときは、なんとなく4年間部活をして、有名企業に就職して、何となく幸せになれればいいな・・・と漠然と考えていましたが、その当時は何故かそれだとダメな気がしていました。

なぜなのか?

それは、僕の人生の20数年間ずっとスポーツが中心にあって、自分が怪我をしてはじめて、「スポーツ以外にやりたいことが何もない」ということだったんです。

小さいころからスポーツだけに打ち込み続け、でもプロになれない。プロになってもすぐに怪我で選手生命が終わってしまう。トップレベルじゃなくても、学生時代は就活までただひたすらスポーツのことだけ考えている。そして、いざその時になって自分のやりたいことを考え始めるも見つからない。意外と、こんな人って多いんじゃないかと思います。

本気でスポーツに取り組む人が、何かあってから初めて自分のやりたいことを考えるのってすごくもったいない。スポーツをやっている人たちに対して、もっと前からキャリアを考えられるようなきっかけや環境を提供したい。そんなことを仕事にしたい。これは、スポーツに真剣に取り組み、怪我をして悩み抜いた自分だからこそできることだと考えました。


フォワードとの出会い。「スポーツ×ビジネス」。これだ!!!

フォワードとの出会い。「スポーツ×ビジネス」。これだ!!!

自分のやりたいことが明確になった当時、教育に携わるのが近道なのかもしれないと思い、学習塾でインターンをしていました。そこにたまたまフォワードが講演に来る機会があり、「スポーツ×ビジネス」というテーマで話をしていて、「これだ!」と思いました。まさに自分のやりたいことにドンピシャでした。

講演後、代表の加藤に名刺をもらいに行ってすぐにアポイントを取りました。「興味あります!」「スポーツコンサルティングって何をやっているんですか?」と質問攻めにしたことを覚えています(笑)。実際に話を聞いて具体的にイメージも湧いてきたし、自分のやりたいことだと確信しました。

ただ、当時ちょうど怪我の手術が必要で、歩けるようになるまでに2か月かかったんです。加藤から「2か月後でも入社したいと思っていたら、会いに来て」と言われてから、病院のベッドで毎日毎日「早く2か月経たないかな」と待ち焦がれていました(笑)。


フォワードにはまだ何もない。だから何でも自分たちで創っていける。

そのあとは、2年間インターンとして経験を積みました。例えば、プロスポーツチームのコンサルティング案件に携わったり、公開セミナーを企画~開催したりしました。また、海外のプロサッカークラブ(カンボジアンタイガーFC:カンボジア1部リーグ)を自社で運営することになったこともあり、日本での運営スタッフとして、チームの広報活動やイベント開催、スポンサー営業なども行い、まさにリアルなスポーツビジネスの現場にも携わることが出来ました。

インターンを通じて感じたのは、フォワードはまだ何もないからこそ、色々なことにチャレンジできる。自分たちでどんどん創っていけるし、創っていかなくてはいけない。まだ小さな会社で、これからどうなるかは本当に自分たち次第なので、会社を背負っている感覚を持つことができるというのは大きな特徴だと思います。

有名企業・大企業のように既にある仕組みの上で結果を出すのではなく、何もないところから自分たちの力で誰も予想していない結果を出す。この辺は「東大がスポーツで日本一に!」という感覚に近いかもしれません。今後入社するメンバーにも、「フォワードが今後どのように成長できるかは、自分にかかっている」という想いを持って頂きたいですし、それを楽しめる環境なのではないかと思います。


「スポーツ×教育」で、誰も出来ないと思われていることを実現したい

まだまだ世の中で「スポーツ」と真剣に向き合っている人たちをサポートする環境が整っていないと感じています。スポーツはビジネスにならない(収益性が悪い)、日本でスポーツを活性化させるなんて限界がある、などネガティブな言葉をよく聞きます。でも、もともと性分として、自分のできないことができるようになるのが好きなんです。負けず嫌いだし、出来ないと思われていることを実現したい。

現在は、トップアスリートの考え方やメンタルコントロールなどの思考技術を、ビジネスマンが活用可能なものに置き換えた企業向け人材育成ソリューションの企画~営業を担当しています。

この仕事はまさに今自分のやりたいことにぴったり。スポーツ選手もビジネスマンも業界が異なるだけで、高い成果を出している人の考え方や姿勢・行動にはかなり共通のものがあります。スポーツで養ったことがビジネスでも十分通用する、むしろビジネスのパフォーマンスを上げる要因になることが実証できれば、スポーツに関わる人たちの環境をもっと良くできるし、スポーツすることを誇りに思ってもらえる。スポーツの世界でもビジネスの世界でもプロフェッショナルになることが出来る。また、いずれは企業向けだけでなく中高生や大学生に対する教育ビジネスもやっていきたいと考えています。

今後どんな事業になっていくにせよやりたいことはただひとつ。日本でもアメリカのように、いやアメリカ以上に、スポーツが盛り上がる環境創りをビジネスとして推進していきたいです。スポーツ界、ビジネス界、教育界において「フォワード」という社名を聞かない日はないような世界を実現したい。スポーツでビジネスを大きくするという、一般的には難しいと思われることを実現させて、この道を選んだことを“正解”に出来るよう日々邁進していきたいです。

 

応募はこちらから


社員インタビュー

name

岡田拓也
信じて任せてもらえるから、それに応えていきたい。
2013年一橋大学法学部卒業(2016年中途入社)
執行役員

name

齋藤雅英
本当の“安定”を求めて辿り着いた場所
2010年中央大学法学部卒業(2017年中途入社)
マネジャー


rei_3.jpg

山本玲
前向きに楽しく私にしかできないことをしていきたい
2014年京都産業大学卒業(2018年中途入社)
コンサルタント


name

橋元達也
理系、大企業、知財の世界から、フォワードにいる理由
2013年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程卒業
(2017年中途入社)
シニアコンサルタント




name

勝藤洋平
ラクロスの次は、ビジネスでジャイアントキリングを起こす!
2017年東京大学農学部卒業(新卒入社)
コンサルタント



name

赤間拓朗
自分の心に正直でいることの大切さ
2018年京都大学大学院地球環境学舎卒業(新卒入社)
アソシエイト

 

採用情報へ戻る

このページの先頭へ戻る