セミナー情報

2018/03/06
本セミナーは終了いたしました

「特別セミナー」

-3月6日(火)16:00~18:00-

~元サッカー日本代表・羽生直剛氏が語る「勝てる組織文化」とは~

0306.png

 

プロスポーツの世界から、ビジネスで勝つ企業の“文化”の創り方を学ぶ
 
 
企業の変革・成長の成否を分けるのは「組織文化」
 
「働き方改革」「戦略人事」という言葉が一般的になるなど、経営における人事の重要性がより一層高まり、様々な施策が求められる中で意外と見落としがちなのが、企業や組織の「文化」です。文化とは、一般的に「組織特有の価値観や行動規範」とされますが、企業活動という文脈においては下記2つの性質を抑えておくことが必要です。
 
① 「組織文化」は社員の行動を強く規定する
② 「組織文化」は社員の生産性やモチベーションに強く影響する
 
この2つの性質により、「組織文化」は企業の様々な人事施策や事業そのものの成否にとって非常に重要なものとなっているのです。
 
元サッカー日本代表選手が語る”勝てる組織の文化”とは?
 
では、どのような文化が”良い文化”なのでしょうか?もちろん、唯一の絶対解はありません。ただ、競争に勝ち成長を続ける組織の文化には、一定の共通項があります。その逆も然りです。
 
本セミナーでは、変化や競争が最も激しいと言えるプロスポーツの世界から、元サッカー日本代表の羽生直剛氏(現FC東京強化部)をゲストにお招きし、変化に適応し、競争に勝てる組織の”文化”についてお話頂きます。
羽生氏は、ジェフ市原・千葉、ヴァンフォーレ甲府、FC東京のJリーグ3クラブで16年にわたりプレーし、2006年から2008年にかけては日本代表にも選出されるなど常に第一線で活躍し続けてきました。
 
様々な”プロフェッショナル”な組織や個人を見続けてきた羽生氏と、組織コンサルティングとして多くの企業に携わってきた弊社フォワードが、変化が激しい時代に”勝てる組織の文化の創り方”についてお伝え致します。
 
※本セミナーはお申込み多数が予想されます。お申込みが定員を超えた場合には抽選でのご案内とさせて頂きますのでご了承ください。
 

formjump.png
 
【セミナー概要】
■セミナーコンテンツ:
①自社の文化を”見える化”してあるべき姿を導く方法論
②元サッカー日本代表羽生直剛氏が語る「勝てる組織文化」とは?
※②はフォワード代表加藤とのパネルディスカッション形式で実施致します。
 
■登壇者プロフィール:

羽生さん1+.png
 
元プロサッカー選手(現FC東京強化部) 羽生直剛 氏
千葉県立八千代高校から筑波大学を経て、Jリーグジェフ市原・千葉へ加入。中心選手として活躍すると、その後FC東京やヴァンフォーレ甲府など、16年にわたってJリーグの第一線で活躍した。2006年から2008年にかけては日本代表にも招集され、国際Aマッチ通算17試合に出場した。2018年1月にプロサッカー選手を引退し、現在はFC東京強化部スカウト担当。

 
株式会社フォワード 代表取締役社長 加藤明拓
1981年生まれ。千葉県出身。明治大学卒業後、株式会社リンクアンドモチベーション入社。
組織人事領域のコンサルティング業務に従事後、スポーツコンサルティング事業部の立ち上げ、ブランドマネジメント事業部長を経て、2013年株式会社フォワードを設立。国内大手企業やブランド戦略策定~社内浸透コンサルティングやJリーグ・プロ野球・ラグビー・バレーボール等のプロスポーツチームを対象に、研修講師などに豊富な実績を持つ。
 
■対象:
経営者、人事部門責任者、経営企画部門責任者
※同業他社様からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございます。
 
■日程:
2018年3月6日(火) 16:00~18:00 (受付15:30~)
 
■会場:
東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル 
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
別館5階ホール5B
本館 カンファレンスルーム217
※会場のお部屋変更がございます。

 
東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅 A1出口 徒歩1分
 
JR東京駅 日本橋口 徒歩4分
 
 
■参加費:
無料
 
■定員:
100名
※お申込みが定員を超えた場合、抽選でのご案内とさせて頂きます。
 
 

お申込みフォーム

 

受付は終了しました。多数のお申込みありがとうございました。

このページの先頭へ戻る