セミナー情報

2018/11/22

-11月22日(木) 10:00~12:00-

経営者/経営企画部門・人事部門責任者/事業部責任者 向け

【サーベイ体験付き】組織文化の数値化から始まる「組織変革の進め方」

前向き.png

人事施策の成否を分けるのは「組織文化」

「働き方改革」「戦略人事」という言葉が一般的になるなど、事業戦略と連動する形で人事施策が進められ、経営者における人事の重要性がより一層高まっている中、意外と見落としがちなのが企業や組織の「文化」です。
「文化」は様々な人事施策の成否に大きく影響を及ぼします。世の中には多くの"成功事例"が流通しますが、それをそのまま自社に取り入れてもうまく機能しない大きな理由の1つとして、「施策と文化のミスマッチ」が考えられます。
様々な人事施策を成功に導くには、「文化に合わせた施策を設計する」または「施策に合わせた文化を醸成する」という考え方が必要なのです。

人事が組織の文化を創る

といっても、組織の文化というものは創っていくことも、それを変えることも大変難しいものです。
人事だけでは実現困難かもしれません。

  • 目に見えない組織文化や風土を「見える化」する
  • 組織文化の「現状」と「あるべき姿」のギャップを正確に認識する
  • 「あるべき姿」に導くメッセージや施策を設計~運用する

たった、この3つのポイントで人事主導で変革をマネジメントしていくことは可能です
本セミナーでは具体的な事例を交えながら、前向きな組織文化変革推進のヒントをお伝えします。

事前リクエスト.PNG

※セミナーでの体験用の為、組織文化調査は1社につき30名までとさせて頂きます


formjump.png

 

■セミナーコンテンツ
  • 組織文化はなぜ重要なのか?
  • 組織文化の変革が難しい理由
  • 組織に文化が浸透していくステップ
  • 事例の紹介~数値から始まる組織文化変革
  • 組織文化調査の読み解き体験会

 

■セミナー講師

株式会社フォワード 執行役員 岡田拓也
一橋大学卒業後、リンクアンドモチベーショングループ新卒入社。ブランドコンサルティング業務、イベント制作を通じた企業の風土改革コンサルティング業務に従事。その後、築古マンションのリノベーションを手がけるベンチャー企業の立ち上げへの参画を経て、2016年に株式会社フォワード入社。コンサルティングのみならず、自ら事業の立ち上げ・経営に参画してきた多様な経験を活かし、現場に馴染みやすく実効性の高い戦略立案~運用の支援を得意とする。

■対象

経営者/経営企画部門
人事部門責任者/事業部責任者様
※同業他社様の参加はお断りさせて頂く場合がございます。
※1社2名様までとなります。

■日程

2018年11月22日(木)10:00~12:00(受付 9:45~)

■会場

新オフィスイメージ東京都中央区日本橋2-3-21 群馬ビル6階
株式会社フォワード セミナールーム

地下鉄「日本橋」駅 A7出口 徒歩3分
JR「東京」駅 八重洲口 徒歩5分
https://goo.gl/maps/R2P5voysr592

■参加費

無料

■定員

18名 ※定員を超え次第、受付を終了いたします。

■お申込み方法

下記フォームよりお申込下さい。
※「送信する」ボタンを押すと情報が送信されます。入力内容にお間違いのないようお確かめください。
※2名のお申し込みの場合は、それぞれの方についてご入力ください。

お申込みフォーム

 

このページの先頭へ戻る