セミナー情報

2018/11/05

- 2018年11月5日(月)15:00~17:45 -

経営企画、ブランド戦略、マーケティング、広告宣伝部門 向け

ORBIS_CI_logo -リサイズ.jpg

『顧客満足度No.1』オルビスのリブランディング

~狙うべきターゲットは誰だったのか~


オルビスは通販用化粧品のブランドとして1984年に設立。
オイルカットという独自理論に基づく商品とカタログやECをはじめとするコミュニケーションを武器として、競合ひしめく女性スキンケア市場で30年間着実な成長を遂げてきた。

しかし2015年以降、「ブランドの成熟化」「顧客の固定化」が顕在化した。
現存顧客のLTVを高めることに注力した結果、気づくと本来狙いたい年齢層の潜在顧客からの評価やロイヤリティが低下。
結果として、売上や利益も横ばいが続いていた。

現在は主力商品「ORBIS=U」のリブランディングをはじめ、ブランドドリブンな経営へと踏み出すことで、今までの資産を活かしながら着実に社内外の認識を変えつつある。

今回のセミナーでは、この一連のリブランディングに関わった方をお招きし、オルビスブランドの策定・浸透・運用の全体像、進める中での葛藤やポイントなどをお話頂きます。

・「ブランド」の重要性は分かるが、進め方がわからない
・ブランドに関して、誰が、何をすべきなのかが曖昧で停滞気味
・ブランドとして狙いたいターゲットが曖昧で、認識が揃わない
・ターゲットと既存顧客層が乖離している
・マーケットでのポジションが変化~曖昧化し、戦略が立てにくい

オルビスに限らず、多くの企業やブランドで生じているこのような状況やお悩みに、実体験を踏まえたヒントをご提示します。
是非、この機会を、ご参加企業様のブランド戦略策定~運用に有益な情報獲得と、ご参加者の方々の交流の場としてご活用ください。

*「顧客満足度No.1」:2017年に公益財団法人日本生産性本部が実施した、国内の企業やブランドを対象とした顧客満足度調査結果によるものです


formjump.png
 
【セミナー概要】
■セミナーコンテンツ
・対談:なぜ、リブランディングは”始まらなかった”のか?
・対談:なぜ、リブランディングは始まったのに"進まなかった"のか?
・対談:どのように、リブランディングは"進んだ"のか?
・質問・交流会
 
■セミナー講師
オルビス株式会社 マーケティング戦略部  課長 松枝 奏輔 氏 ORBIS_matsueda.jpg
04年入社。マーケティング部門において広告制作ディレクションを担当したのち、
顧客購買データの分析官として活躍。16年に商品企画部に異動し、ブランドターゲット策定の
プロジェクトを推進する。現在は再びマーケティング部門において全体コミュニケーション戦略と
チャネル一貫でのクリエイティブディレクションを担当するチームにおいてマネージメント業務を遂行している。
 
株式会社フォワード 取締役 伊佐 陽介伊佐プロフィール2018_400×400.jpg
早稲田大学卒業後、一部上場総合不動産デベロッパーで住宅事業商品企画・販売、商業施設開発等に従事。
その後株式会社リンクアンドモチベーションにてブランドマネジメント事業部コンサルティング責任者を経て、2013年株式会社フォワードを設立。
“組織人事の専門性“と”マーケティングの専門性”を活かしたコンサルティングを得意とする。
 
■対象
経営企画、ブランド戦略、マーケティング、広告宣伝部門 ご責任者様・業務担当者様
※同業他社様の参加はお断りさせて頂く場合がございます(マーケティング・広告代理店・コンサルティング等)
※1社2名様までとなります。
 
■日程
2018年11月5日(月)15:00~17:45(受付14:30~)
 
■会場
コングレスクエア日本橋 
東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル2階
 
*アクセス:
東京メトロ「日本橋駅」直結、東京駅日本橋口から徒歩5分
 
■参加費
無料
 
■定員
100名 
※多数のお申込みが想定されるため、定員を超え次第受付を終了します。
 
■お申込み方法
下記フォームよりお申込下さい。
※「送信する」ボタンを押すと情報が送信されます。入力内容にお間違いのないようお確かめください。
※2名のお申し込みの場合は、それぞれの方についてご入力ください。

 

お申込みフォーム

 

 

このページの先頭へ戻る