市場競争力の高いブランドはどのように生まれるのか?

様々な業界において市場競争の激しさが増す中、多くの企業が新たな取り組みへの試行錯誤を繰り返しています。その中には、莫大なコストをかけてプロモーションを行ったのにもかかわらずすぐに忘れ去られてしまうものもあれば、一方で「広告費ゼロ」にもかかわらずブランディングを成功させ、多くのファンを獲得しているブランドもあります。

敢えて成功するブランドの共通点を挙げるとしたら、「ブレない軸」を持っていることです。顧客を理解し、彼らの心に刺さるメッセージを届けるための軸を明確に持つことで、企業がやるべきことが明確になり、流行りの施策に流されずにブランドを高める活動に集中することができます。

インナーブランディングとは、その「ブレない軸」を従業員が各自の業務で実践できるように理解・浸透を促す活動です。その大切さを理解している企業は多いものの、本当の意味での社内浸透を成功させている企業はごくわずかしかありません。ブランド戦略が簡単に社内に浸透しない理由を理解し、従業員の行動を変えていくためのポイントを抑えることで、必ず結果はついてきます。

本資料では、競争力の高いブランドを構築するうえで最も大切な、インナーブランディングの成功のカギをご紹介します。