SEMINAR

セミナー情報

セミナー情報

【経営者限定セミナー】実店舗型ビジネスに今求められる、3つの変革テーマと実践方法

対象

実店舗型ビジネス(小売業・サービス業等)
経営者様

日程 2020年7月28日(火)  10:00~11:30
参加費 無料
予約状況 受付終了
会場 オンライン配信

講演内容

今回のCOVID-19の影響を最も強く受けていると言われているのが、小売業・飲食店・ホテルなど、「実店舗・施設」を持ってビジネスを行っている企業です。3密回避やソーシャルディスタンスに代表される「新しい生活様式」の浸透により、ビジネスの在り方を大きく見直す必要が生じてきています。

そのような流れの中、小売業やサービス業では、大きく3つのテーマで変革の動きが進められています。

1つ目は、「中期ビジョンの再構築」。従来のビジョンや中期経営計画が機能しなくなるリスクや、新規事業立案・ビジネスモデルの見直しニーズが高まり、今このタイミングで改めて企業としてのビジョン・目指す姿を再構築する企業が増えてきています。社会全体に先行き不透明感がある中で、
社員の一体感・会社に対する求心力を高める効果も期待されます。

2つ目は、「社内外に向けたアクションの具体化」。当然ですが、ビジョンや戦略を策定しても、それが社員の行動に繋がらなければ何の意味もありません。既に変革の方針を打ち出している企業様も多いかもしれませんが、それが行動に繋がっている手応えは得られていますでしょうか?
策定したビジョンや戦略を具体的なアクションに落とし込み、運用していくことが求められます。 社外(=顧客)に向けてはもちろん、戦略に実効性を持たせるための社内コミュニケーションの設計も非常に重要なポイントとなります。

3つ目は、「コストカット」。未曾有の危機となった今回のコロナショックを契機に、P/Lに直結するコストや業務の見直しを断行する企業が当然のことながら増えています。新規事業への投資資源を確保するという意味合いにおいても重要な取り組みです。ただし、このような取り組みは社員のモチベーションに配慮することが必要であり、いかに“前向きに取り組みを進めるか”がポイントになります。

いま、小売業やサービス業に代表される「実店舗型ビジネス」は大きな変革を迫られています。この変革の時期を乗り越え、大きな成長を遂げていくための上記3つのテーマについて、具体的な実践方法をお伝えする「経営者限定セミナー」を開催致します。

 

プログラム

  • 現在の延長線上ではなく、「バックキャスティング」で考える10年先の中長期ビジョン策定
  • ビジョンや戦略を実行に結び付ける「社内外アクションの具体化」
  • 社員のモチベーションを担保しながら、前向きにコストカットを図る「業務プロセス変革」の進め方

視聴方法

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を活用して実施致します
・開催前日に視聴用URLをお送り致します
・開始5分前を目途にURLをクリックしご参加ください
※インターネット環境があればどこでも視聴可能です
パソコンからのご参加の場合、ブラウザでのご視聴は可能ですが、セキュリティ強化により事前にサインアップが必要となりました
※スマートフォン・タブレット端末の場合は、専用アプリ(無料)が必要となります

講師

isa_Seminar instructor

伊佐 陽介

株式会社フォワード 代表取締役

早稲田大学卒業後、一部上場総合不動産デベロッパーで住宅事業商品企画・販売、商業施設開発等に従事。その後株式会社リンクアンドモチベーションにてブランドマネジメント事業部コンサルティング責任者を経て、2013年株式会社フォワードを設立。“組織人事の専門性“と”マーケティングの専門性”を活かしたコンサルティングを得意とする。

お申し込みフォーム

ご参加を希望される方は、以下のフォームよりご応募ください。
• 競合他社様、パートナー企業様からのお申し込みはお断りさせていただくことがございます。
• 自己啓発を目的とした個人のご参加はご遠慮いただいております。
• 複数名ご参加の場合は、お手数ですが1名ずつフォームからお申し込み下さい。
• 恐れ入りますが、1社につき2名までとさせていただきます。
• 定員に達した場合、お申し込みを締め切らせていただきます。 
• 「申込む」ボタンを押すと情報が送信されます。入力内容にお間違いのないようお確かめください。
受付は終了しました。多数のお申込みありがとうございました。