「ブランド」は一貫性と継続性で創られる

「ブランド」はどのように創られるのでしょうか?ネーミングやロゴ、広告・PR、商品・サービス、口コミによる印象…。どれもブランドを構成する重要な要素ですが、これらはブランドを表現する“一つの要素”でしかない、と我々は考えます。大切なのは、「明確なコンセプト(ブランドの価値)が、これら全ての顧客接点から一貫性と継続性をもって感じられる」こと。様々な顧客接点から受ける印象がバラバラだと、ブランドは築き上げられません。

ブランディングに必要な2つのアプローチ

そのために必要なことは、下記2つのアプローチです。

■ アウターブランディング
事業を取り巻く環境や消費者インサイトから、ブランドが提供する価値を定義して、様々な顧客接点(主にマーケティング4P)に落とし込む

■ インナーブランディング
ブランドが提供する価値、中長期のビジョンやその実現手段について、社員や従業員への理解・共感を促し、実行力を高める仕組みを創る

ブランディングというと一般的に「アウターブランディング」をイメージし、取り組みもそちらに偏りがちですが、「インナーブランディング」にも同じくらい注力してこそ、真に強いブランドを構築することができます。

フォワードのブランドコンサルティング

だからこそ私たちは、
アウターブランディング(事業戦略)=マーケットインサイトの専門性
インナーブランディング(組織戦略)=組織変革の専門性
という2つの専門性を併せ持ち、中長期のブランディング活動に“並走”するスタイルでクライアント企業の成長を支援する、市場で唯一のブランドコンサルティングファームであり続けます。

 

SOLUTION

ブランドの現状把握~戦略立案から実行まで幅広くサポート

実行支援

社内コミュニケーションツール制作

社内報・動画など、社内コミュニケーションツールの制作

マーケティング企画ワークショップ

ブランドコンセプトに基づいて商品企画・販促企画などを実践するためのワークショップ

ネーミング・ロゴ・CI開発

solution-icon7

ネーミング、ロゴの開発。運用マニュアルの制作