ブランドロードマップ作成

ブランドロードマップ作成とは?

概念として言語化された曖昧なブランドを、「測定可能な目標・ゴール(KGI)」と、「その実現に向けて鍵となる指標(KPI)」、「その指標(KPI)を高めるための部署ごとのアクション」へと落とし込み、曖昧になりがちなブランディング活動を中長期的なPDCAが可能な活動へと落とし込みます。ブランドを組織の各業務に落とし込む軸として機能する”全体地図”として構築~運用するのがポイントです。

よく聞くお悩み(解決できる課題)

  • ブランド戦略そのものが曖昧になってしまう
  • ブランド戦略と各部署の施策が噛み合っていない
  • ブランディング活動の目標が曖昧、PDCAが回せていない

サービスの特徴

①定量・定性の両面からブランド目標(KGI)を規定

3年程度の中期的な視野に基づき、ブランドが目指す目標を定量・定性の双方から規定し、「自社のブランディング活動がどこに向かって行われているか」「現在はどのような位置づけなのか」を常に明確にしておきます。

②目標実現に向けた注力指標(KPI)の設定

ブランド目標(KGI)を達成するために必要なステップや要素を洗い出し、特に影響の大きいものを絞り込んでKPIとして設定します。その上で、定期的にKGIとの関係性を検証し、指標の見直しを図っていくことも重要です。

③指標達成に必要な部署別アクションテーマの設定

KGIとKPIは設定しているが形骸化している・・・という声も多く見受けられます。それは、「KGI・KPI」と「日常業務」を接続する最後のひと押しが不足しているからです。どうしても抽象的になりがちな「ブランディング」という活動には、目標を部署や個人レベルまで落とし込むことが最も重要です。そのため、本サービスでは各指標(KPI)の目標値を達成するためのアクションテーマを「部署レベル」で策定します。

プロセス(進め方)

  • STEP01
    ビジネスのステージやライフサイクル、業界特性など前提の確認
  • STEP02
    ブランドKGI・KPIの設定
  • STEP03
    部署別アクションテーマの策定~ロードマップ化、運用方法の確認